INFO

Home > INFO

INFO Archive

SOSA商品に興味のある方
SOSA商品を使用していて、より詳しく知りたい方
SOSA商品を触ってみたい方

お客様のご希望に沿った形で、無料のプライベートセミナーをさせて頂きます。
1名様~複数名様までお受け致します。
お仲間をお誘いあわせのうえ、是非お申込み下さい。

会場:
サンエイト貿易株式会社内 テストキッチン プリュス
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル 西館22F
時間:
9:30~17:30(2時間程度)
曜日:
弊社営業日(土、日、祝日は休みです)
費用:
無料
お申し込み方法:
下記PDFをダウンロードして頂き、ご記入の上、FAXにてご返信下さい。

>>お申込書のダウンロードはこちらから

FAX :03-5414-1580(営業サポート課 今尾・小椋 宛)
お問い合わせ先:
TEL :03-5414-1575
サンエイト貿易株式会社 営業サポート課 今尾・小椋

さて、日頃よりご愛顧頂いておりますKAOKA社商品に関しまして、
一部商品名、ならびにラベルデザインをリニューアルさせて頂きますこと、ご案内申し上げます。
新しい商品名は、「リオアリバ(旧:エクアトゥール)」(「アリバ」は同品に使用されているエクアドル古来種ナショナル種の別名)や、「チロリ(旧:サントメ)」(サントメの舞踊劇の意)など、皆さまにチョコレートの原料となるカカオの産地をイメージ頂けるような名称になっております。
新しいラベルは、KAOKAのロゴを中心に、カカオの葉を背景に配し、「PLANTEUR DE CHOCOLAT」=「チョコレートを育てる者」としてのKAOKA社を表現した、高級感の感じられるデザインになっております。

尚、今回の変更に伴う、製品そのものの特性、配合、製法などは変更ございませんので、
引き続きご愛顧頂ければ幸いです。

このたびの、熊本・大分を震源とする地震により被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

サンエイト貿易株式会社

この度弊社におきましては東京本社及びプリュス(テストキッチン)を移転することとなりました。
これを機に、社員一同心を新たにし、なお一層社業の発展に努める所存でございますので、今後とも
何卒倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

営業開始日:
平成25年6月24日(月)
新住所:
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館22階
お問合せ先TEL:
03-5414-1572/03-5414-1573
FAX:
03-5414-1580

東北地方太平洋沖地震災害の被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

同震災の影響により、商品の出荷が滞り、お客様には多大なるご迷惑をお掛けいたしておりましたが、3月28日出荷分より自社配送車での配送が通常状態へ回復の見込み、また宅配等各種輸送業者の配送状況も回復が進み、一部規制地域を除き、ほぼ通常通りの出荷体制となりました事をご報告申し上げます。

しかしながら、未だ続く交通状況の混乱により、お客様のご希望に沿った配送が困難となる場合も予想されますので、何卒、ご理解並びにご了承頂きます様お願い申し上げます。

サンエイト貿易株式会社

出荷についてのご案内

  • 2011-03-14 (月)
  • >> INFO

東北地方太平洋沖地震災害の被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

弊社では、同震災の影響による倉庫内の荷崩れ、及び交通状況の混乱による宅配等各種輸送業者の配送規制、並びに自社配送車への燃料調達が困難な状況下にあり、商品の出荷がままならない状態でございます。

現在、倉庫内の状況や配送手段につきまして調査を行っております。
状況の改善がなされ出荷体制が整いましたら、あらためてご報告申し上げます。

通常通りの出荷が1日でも早く行えるよう、社員一同一丸となって努めているところでございます。
皆様には多大なご迷惑とご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜ります様宜しくお願い申し上げます。

サンエイト貿易株式会社

新年のご挨拶

  • 2011-01-05 (水)
  • >> INFO
新年明けましておめでとうございます。
昨年の世界経済は、中国やインドを中心とした新興国や資源国では、緩やかな回復傾向が見られるものの、肝心のアメリカ経済は雇用回復が遅れ、住宅市場も低迷状況にあります。他方、ヨーロッパ経済は、ユーロ安も背景として回復傾向にありましたが、ギリシャやアイルランドが財政破綻に陥り、全体的な低迷状況が続いています。日本でも期待をして誕生した新政権の舵取りも悪く、円高とデフレ基調は固定化し、政治的にも経済的にも厳しい状況下にあります。

当社の位置する製菓製パン業界も、相変わらず、個人・法人ともに消費が戻らず、少子化を背景として厳しい状況が続いています。しかし、輸入主体の弊社にとって、円高基調は良い環境にあるものの、カカオ豆等の原材料の高騰で、その効果が半減されています。本年も伊藤忠商事グループの1社として、グループの海外の機能を効果的に活用して、製菓製パンの新しい原材料の開発に注力してまいります。

昨年は、スペインSOSA製品は経済の低迷状況を破る画期的な新製品(ベジタブルゼラチン)と評価され、業界でもとりあげられました。本年度は、第2弾の製品、「アルブミナ(特殊加工の乾燥卵白)」も、従来にない用途開発と味の多様化を生み出す製品として大いに期待されています。加えて、本年度の業務用のチョコレートについては、フランスのVALRHONA社が開発したP125(クール・ド・グアナラ)を中心として拡販に注力すると共に、新しいトレンドになりつつある、フェアトレード・オーガニックのKAOKA社のチョコレート製品の更なる知名度と拡販に注力していく所存です。

サンエイト貿易株式会社
代表取締役 伊部幸雄
2010年9月
Toshi Yoroizukaカカオファームのお手伝い
エクアドルにて
2010年12月
鎧塚ご夫妻を伊藤忠商事株式会社にお迎えして

平素は弊社のホームページをご利用いただき誠にありがとうございます。
早速ですが、7月12日付けで更新しました「VR早期発注ボンボンショコラ バレンタイン・クリスマスのキャンペーン」に誤りがございました。
お客様にご迷惑をおかけいたしました事、深くお詫び申し上げます。

正しくは下記の通りとなります。

———————————————————————————–
■クリスマス・ヴァレンタインキャンペーン概要部分

<キャンペーン内容>
誤)10%OFF
正)型プレゼント

<期日>
誤)2010年9月15日(水)~2010年10月8日(金)
 →納期は2010年12月下旬
正)2010年9月29日(水)~2011年1月21日(金)
 →出荷は、2010年10月6日(水)~
———————————————————————————–

上記の内容を修正したページはこちらとなります。
http://www.sun-eight.com/wp/?p=588

ご迷惑をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げます。
今後ともサンエイト貿易をよろしくお願いいたします。

弊社では、弊社が取り扱う最高級の商材を活かし、皆様に、よりご満足頂けるようなサポートをしていきたいと考え、皆様の要望にそった商品開発をおこなってまいりました。

この度、同オリジナル商品を、弊社特選ブランドとして「クーポール」名を設定し、皆様にご提供をさせて頂くことになりました。

同オリジナル商品を、「クーポール」と名づけた所以は、1927年、当時パリで一番大きなカフェとして開店した、「ラ・クーポール」にあります。同カフェは、パリ・モンパルナスの有名なカフェ「ル・ドーム」、「ラ・ロトンド」、「ル・セレクト」と並んでモンパルナス4大カフェと呼ばれた歴史あるカフェです。華やかな雰囲気でありながら、気楽に食事ができる和やかな雰囲気で、今でも、活気に溢れ、80年以上経った今でも、大勢のお客様で賑わっています。

弊社は、同カフェのように、皆様、一人ひとりと心を通わせながら、皆様のご要望を満たした幅広い商材やサービスをご提供し、末永く頼りにしていいただけるような存在でありたいと考え、敬意を表して名づけました。

今後とも、同「クーポール」ブランドをはじめとした、選りすぐりの商品をご提供できるよう努めてまいる所存です。

2010年 新年のご挨拶

  • 2010-01-05 (火)
  • >> INFO
images01

新年あけましておめでとうございます。2009年の世界は、政治にそして経済にと、至るところで変革の波に見まわれた激動の年でした。今や、グローバル化がますます進み、情報や商品が世界中に短時間で行き渡る時代になりました。
欧米や、中国を始めとするBRICS諸国は景気の改善が見られているようですが、日本は、残念ながら、デフレ化そしてデフレスパイラル化という悪循環に陥っている状況です。経済も、そして日本人全体の気持ちも縮小気味である、暗い日本を回復させる為に、新政権での「明るい魅力ある日本」作りへの早急な取組みに期待をしたいと思います。さて、私達の製菓製パン業界でも、デフレスパイラルの波が押し寄せ、苦戦を強いられております。製菓製パンの原材料の輸入・販売に携わる弊社も、例外ではなく、大変厳しい場面に直面しております。

本年は、このような状況を打破すべく、下記の2点に注力し業務を推進していく所存です。

2009年9月から輸入販売をスタートしたSOSA製品(スペイン)は、新しい機能と用途開発を持った画期的な製品で、現在注目を浴びております。このように、弊社の『新しい食材』の開発力/提案力を最大限に発揮し、作り手の皆様、更には、不況の製菓製パン業界を、全力でバックアップしていきたいと考えます。

弊社主力商品の1つであるKAOKA(業務用オーガニックチョコレート)につき、2年目を迎える「Happy Organic Cacao Project」を更に推進させ、ご賛同頂いた日本の作り手の皆様と共に、引き続き、エクアドルへのカカオ植樹支援事業を行っていく予定です(※初年度には1300本の植樹をいたしました(右写真参照))。弊社が、現地のカカオ農民と日本の作り手の皆様の架け橋となり、現地の環境と生活改善に貢献したいと考えます。 images01

弊社が取り扱う世界のすぐれた食品の良さを、作り手の皆様に伝えるべく、スタッフ一同一丸となり、更に積極的に業務を邁進していきたいと考えます。また、伊藤忠商事グループの世界のネットワークを活用し、「安心安全」を旗印として本年も業務を推進して参る所存です。何卒一層のお引き立てを御願い申し上げます。

サンエイト貿易 株式会社代表取締役 伊部 幸雄

苺の季節がやってまいりました。
季節の一品にサンエイトの多種にわたる苺商材をお試し下さい。

strawberry

strawberry

日頃は、弊社のホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
この度、弊社ホームページを全面リニューアル致しました。
皆様に、より一層分かりやすく、且つ使い勝手の良いホームページにする為に、デザインの刷新と機能の改善/追加を行いました。
今後とも、皆様のご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

SOSA製品販売のご案内

  • 2009-09-01 (火)
  • >> INFO

平素は、弊社の輸入製菓原材料に格別なるお引き立てを賜りまして、誠にありがとうございます。社を代表し、お礼申し上げます。
弊社は、本年9月よりスペイン/SOSA社製品、TEXTURAS(テクスチャー)シリーズより6アイテムの全国販売を開始いたします。

2003年頃から、スペインの料理界は「エル・ブリ」のフェラン・アドリア氏が中心となり、科学の理論を利用した新しい調理技法で、世界の料理業界に大きな影響を与えてきました。その延長として、本年2月には日本でも「世界料理サミット」が開催され、世界の著名な料理人たちが集合した一大イベントが行われた事は、皆様ご承知の通りです。

スペイン発の新しい調理技法は、素材そのものの味を変えることなく、素材に安定剤、ゲル化剤、そして増粘剤等を使用し、全く新しい“食感”を生み出すことにあります。そして、料理からスタートした新しい技法は、今日ではデザート、菓子作り、そしてアイスクリーム等に応用され始めました。

SOSA社のテクスチャーシリーズは、スペイン発のこの新しい潮流に適合した製品です。素材本来の風味を最大限に活かしながら食感を変えることで、新しい驚きを生み出す新機能の補助剤であり、料理だけでなく製菓用にも広く応用して頂くことが可能となっております。

文字だけではなかなかご理解いただくのが難しい商品ですので、弊社営業担当者より、ご興味のある皆様に直接使用法・特徴をご説明させて頂きます。また、弊社専属パティシエールが皆様の前で実際に使い方をご覧いただきながらご説明させて頂く機会も計画しております。

停滞する経済情勢の中、洋菓子業界にSOSA製品が少しでも刺激的なインパクトを与える事ができればと思っております。是非SOSA製品にご注目頂けますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 伊部 幸雄
2009年9月

SOSA商品ガイドはこちら≫ メーカー情報こちら≫

夏向けの商品開発に、CAP’FRUITの製品をお試し下さい。

images18

※フルーツの原産国は、自然の農作物のため、天候、収穫量等により変わる場合があります。
●その他トロピカルフルーツ製品のご紹介
フリーズドライ パイナップルピース
フリースドライ パッションパウダー(*)
(*この商品はトライアル品です。弊社担当者までお問合せ下さい。)
フリーズドライフルーツ詳細 ≫

images19

日時:2009年1月25日(水)〜26日(木)
場所:SIRAH(国際外食見本市)

第11回クープ・デュ・モンドが、フランスリヨンのSIRAH(国際外食見本市)で開催されました。
日本代表は、激戦の日本予選を勝ち抜いた、若林繁氏(ル ショコラ ドゥ アッシュ)、林正明氏(氷川会館)そして、山本健氏(名古屋マリオットアソシアホテル)の名声高い3名のシェフ。

結果は、1位は、2位に大差をつけてフランスが圧勝。
続いて、2位イタリア、3位ベルギー、そして日本は4位でした。

日本チームは残念ながら入賞を逃してしまいましたが、日本チームの作品は、フランスチームに劣らない素晴らしい秀作でした。

images20

ホーム > INFO

ページの先頭へ