講習会

Home > 講習会

ジル・マルシャル氏によるデモンストレーション


講師:ジル・マルシャル氏
日程:2017年10月3日(火)
場所:ドーバー洋酒貿易株式会社

2017年10月3日、ドーバー洋酒貿易様との共催にて、ジル・マルシャル氏によるデモンストレーションを実施しました。

ジル氏による講習会は昨年10月に続き今回で2回目ですが、前回を凌ぐ程の熱気に包まれながら、デモは着々と進行しました。ジル氏の哲学「シンプル、おいしさ、美しさ」のもと、生菓子2品、タルト1品、焼菓子2品、デセール1品の計5品が提案されました。どれも栗やナッツ、フルーツコンフィ類を使用した、これからの季節にぴったりの作品でした。

ジル氏はあくまで、伝統的なものに現代的な要素を加えてオリジナルを作ることをポリシーとされています。例えばオペラは、店先で買ったばかりのケーキを箱から取り出して頬ばるお客様の姿を見て、より食べやすい形を追求し、伝統的な四角形からスティック型に変えて販売。オーソドックスな構成でありながら、スタイリッシュなお菓子に仕上がっていました。
一方で、ケークマーブレはクラシックなスタイルにこだわり、焼いたままの姿で提供。日本でも流行しているスリムパウンド型で焼いたものに華やかなトッピングをするスタイルを評価しながらも、ご自身のスタイル、インスピレーションを大切にするシェフのこだわりが感じられました。

「自分の理想のお店は、ラボが隣にあって、いい香りが漂ってくる場所。」という言葉からもわかるように、出来立てのおいしさを届けることへの情熱も揺らぎません。
パーツ毎の重量を数値化してスタッフに伝えるなど、一定品質の商品作りへのこだわりも、お話の中で伺い知ることができました。デモの中でも、丁寧な作業からはもちろんのこと、現場で直面する問題などを含めた細やかな説明から、ジル氏のきめ細かな配慮、温かいお人柄が感じられました。

30年以上にわたってパティスリー界の最前線で活躍し続けるジル氏。今回も、とどまることのない情熱とプロフェッショナリズムを直に感じることができる、大変貴重な機会となりました。

Home > 講習会

ページの先頭へ