サンエイト貿易株式会社

持続可能な開発目標

SDGs

サンエイト貿易株式会社と持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

ゴール17 パートナーシップで目標を達成しよう

カオカ フェアトレード・オーガニックチョコレートの普及促進に努める

カオカは、1993年に設立されたフランスのオーガニック・フェアトレードチョコレートメーカーです。 農園のインフラ整備や技術指導に加え、カカオ豆の買取保証価格を設定するなど、生産者の安定した生活基盤を築くことで、持続的かつ良質なカカオの生産に寄与しています。

また、カオカのチョコレートは有機認証(日本では、ダークは有機JAS認証を取得)を受けています。カオカがオーガニックにこだわる理由は、「未来のチョコレートを守る」というポリシーにあり、チョコレートの原料となるカカオを扱う者として、地球環境を守ることを重要な責務として捉えています。

カカオ生産者との緊密なパートナーシップと適正な報酬の支払いによって、環境保全型農業が可能になり、高品質なカカオの未来が保証され、持続可能な美味しいチョコレートの製造が実現されています。 当社は、カオカのフェアトレード・オーガニックチョコレートの普及促進を通じて、SDGsの目標達成に貢献いたします。
カオカレポートPDFを見る

ゴール1  貧困をなくそう / ゴール15 陸の豊かさも守ろう

Happy Organic Cacao Project(サンエイト貿易独自の支援活動)

Happy Organic Cacao Project とは、2006年にカオカが「現地生産者の生活支援」と「カカオ豆の品質向上」を目的に、エクアドルで立ち上げた「KAOKA FOUNDATION(カオカ基金)」に賛同し、2008年に当社が開始した独自の支援活動です。

日本国内でのカオカ製品の売上の一部をKAOKA FOUNDATIONを通じて継続的に寄付しております。これらの寄付金は、エクアドルでのカカオの苗木購入を始め、様々な生産者の支援に役立てられており、それにより、カカオ栽培で得られる生産者の方々の収入が増え、持続可能な農業の確立と都市集中による過疎化を防ぎ、貧困撲滅に向けたサポートに繋げています。

2008年には1300本の苗木を購入し、現在に至るまでに累計12,626千円を寄付しています。(2020年3月時点)

 

 

また、支援活動の一環として2016~2017年にカカオの試験農地購入のための資金提供を行い、2018年にカオカと協業し、「ANDRÉ DUBERDT農園」を開園しました。同農園では、シェイドツリーの調査、新品種の育成や新たなリノベーションの方法の確立などの研究を行い、カオカとともに持続的なカカオ農業の実現を目指して取り組んでいます。